トップページ ローマ字会について 活動紹介 お問い合わせ
  訓令式新表ローマ字表(世界大百科事典から抜粋)  
                   
  第1表 ( )は重出を示す            
  a i u e o        
         
  ka ki ku ke ko kya kyu kyo  
  キャ キュ キョ  
  sa si su se so sya syu syo  
  シャ シュ ショ  
  ta ti tu te to tya tyu tyo  
  チャ チュ チョ  
  na ni nu ne no nya nyu nyo  
  ニャ ニュ ニョ  
  ha hi hu he ho hya hyu hyo  
  ヒャ ヒュ ヒョ  
  ma mi mu me mo mya myu myo  
  ミャ ミュ ミョ  
  ya (i) yu (e) yo        
  (イ) (エ)        
  ra ri ru re ro rya ryu ryo  
  リャ リュ リョ  
  wa (i) (u) (e) (o)        
  (イ) (ウ) (エ) (オ)        
  ga gi gu ge go gya gyu gyo  
  ギャ ギュ ギョ  
  za zi zu ze zo zya zyu zyo  
  ジャ ジュ ジョ  
  da (zi) (zu) de do (zya) (zyu) (zyo)  
  (ジ) (ズ) (ジャ) (ジュ) (ジョ)  
  ba bi bu be bo bya byu byo  
  ビャ ビュ ビョ  
  pa pi pu pe po pya pyu pyo  
  ピャ ピュ ピョ  
                   
  第2表                
  sha shi shu sho 右中かっこ:  
テキスト ボックス: (標準式)
 
       
  シャ シュ ショ        
      tsu          
               
  cha chi chu cho        
  チャ チュ チョ        
      fu          
               
  ja ji ju jo        
  ジャ ジュ ジョ        
  di du dya dyu dyo テキスト ボックス: (日本式)
 
     
  ヂャ ヂュ ヂョ      
  kwa              
  クヮ              
  gwa              
  グヮ              
          wo      
               
                   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
内閣告示第一号
 国語を書き表す場合に用いるローマ字のつづり方を次のように定める。
昭和二十九年十二月九日
内閣総理大臣 吉田茂
1.一般に国語を書き表す場合は、第1表に掲げたつづり方によるものとする。
2.国際的関係その他従来の慣例をにわかに改めがたい事情にある場合に限り、第2表に掲げたつづり字によってもさしつかえない。3.前二項のいずれの場合においても、おおむねそえがきを適用する。

そえがき

前表に定めたもののほか、おおむね次の各項による。1.はねる音「ン」はすべて n と書く。2.はねる音を表す n と、次にくる母音字または y とを切り離す必要がある場合には、n の次に ’ を入れる。3.つまる音は次の音節の最初の子音字を重ねて表す。4.長音は母音字の上に ^ をつけて表す。なお、大文字の場合は母音字を並べてもよい。5.特殊音の書き表し方は自由とする。6.文の書きはじめ、および固有名詞は語頭を大文字で書く。なお、固有名詞以外の名詞の語頭を大文字で書いてもよい。

↑このページの先頭に戻る

       

[トップページ][ローマ字会について][活動紹介][お問い合わせ]

Copyright (C) 2006 NPO法人 京都ローマ字会 All Rights Reserved.